MENU

「バストが大きい」からマイナスな場合も。


バストサイズの大きな女性にはそのサイズのせいで様々な悩みがあり、日常生活で困っていることが多いようです。

 

代表的な悩みはサイズにあった下着のデザインや機能などの選択肢が少なく楽しく選べない事や
重さによる肩こりなどの身体的な負荷、また衣服もサイズなどを選び間違えるとバストのラインが丸見えになってしまったり、老けて見える・太って見えるなど意外な場面で悩む場合があるようです。

 

特に夏場は近年の地球環境の変化で薄着やラフな衣服が好まれる傾向があるようですが、そのような体のラインが見えやすい素材やデザインの衣服は着用すると人目が気になり、暑さを我慢しなくてはいけない衣服を選ばなくてはなりません。
バストコンプレックス(乳首をピンクにする方法など)を持っている方たちの中には、この様々な悩みから解放されたいと美容整形などで施術される方もいるようです。

 

袖口や襟が開いているタイプの衣服は大変涼しいのですが、この場合下着が見えてしまったり場合によっては他人の視線を気にしなくてはならない事が多い為、バストサイズの大きい女性は日常生活(特に人ごみの多い場所)では着用を控える方が多いようです。

 

下着もホールド力のあるようなしっかりとした素材のものを着用したりすることが多い為、蒸れや汗などで不快指数は上がってしまいます。

 

この暑さの中、そのような我慢をしなくてはならないのは精神的にも肉体的にも大変辛く、注意しなければ熱中症などの危険性も高くなる為、注意が必要です。

バストサイズや形でも印象が変わってしまう

バスト サイズ 大きい

 

バストの形は個人差があり、女性に一番人気がない形は「垂れ乳」だといわれています。

 

サイズの大きな女性や加齢、授乳後・様々な理由で筋力や脂肪が落ちてしまった人がなりやすい形で一般的に重力に負けてしまい垂れ下がってしまう形の乳房の事を指します。

 

補正下着などを着用すれば見た目の修正はできますが、裸になった状態では元にもどってしまう為、入浴時に鏡などに映る姿を見るのが辛い方もいるようです。

 

この垂れてしまう現象は垂れる前に胸の大きさを小さくしたり、筋力トレーニングなどを継続する必要性があるなど大変な手間がかかる為、精神的負担になる場合があります。

 

日常生活では重さによる肩こりのほかに、頭痛や体のゆがみなどにも?がる場合があり頻繁に症状に悩まされる場合は何らかの対処が必要になってきます。
通常美容整形には胸を豊かにする「豊胸」という方法がありますが、逆に脂肪などを吸出し自分の好みや身長・体重に合った大きさまで減らすという美容整形の方法も存在します。